〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1-1-4「阪急ターミナルビル7階」

大阪市北区 阪急梅田駅直結

電話でのお問い合わせ06-6373-1261

お問い合わせ

無痛治療painless

無痛治療について

「痛くされるかも」という恐怖心

歯が痛いけれど、歯医者に行ったら「もっと痛い思いをしてしまう!」と考えている方はいらっしゃいませんか?
最近では、歯医者さんのホームページで「無痛治療」といったことをよく目にします。本当に無痛で治療ができるのでしょうか?いくつかポイントをお教えします。

同じ治療を施してもまったく痛みを感じずに治療することが可能な方がいれば、ほんの小さな刺激で痛みを感じる方がいます。すごく痛がりな自分が、深い虫歯に対して「なぜ痛がりなのに、ここまで我慢して治療できたんだろうか?」なんてこともあります。

これは、痛みそのものよりも「痛くされるかもしれない?」と思う恐怖心が、より敏感にさせていることがほとんどなのです 。

注射麻酔なしで可能な治療も

すでに痛くなった大きく深い虫歯は、注射麻酔を行なうことになります。
特に子どもの場合は、小さい虫歯もすぐに大きくなってしまうため、早期に発見して治療してあげることが後で大変な思いをしなくても済むことにもつながります。

しかし、小さい虫歯であれば注射麻酔なしでも治すことは可能です。歯磨きや定期健診で、少しでも虫歯の予防や早期発見を心がけましょう。

麻酔が痛くない理由

当院では、無痛治療で使用する針は、一般に採血などで使用する針先の太さの3分の1です。 面積はたった10分の1以下!
これ以上の細い針はありません。

麻酔液と体温の温度差による刺激をなくすために、麻酔液を体温に近づけてから使用しておりますので痛みを抑えた治療が可能です。

痛みの配慮について

1. 麻酔による無痛治療

サンプル画像

一般的でどこの病院でも行なわれています。注射麻酔は、痛みを感じなくさせるもっとも有効な方法です。
後に述べる麻酔をしない治療法でも痛みが出た場合には、最後はこの注射の麻酔を行なうことになります。

針は超極細、細ければ細いほど注射するときに痛くないのですが、麻酔薬を入れにくくなりますので、電動注射器も併用することもあります。

注射麻酔の針を刺す前に表面麻酔と呼ばれるジェルを歯ぐきに塗ることにより、注射の痛みさえも和らげることができます。

2. 注射麻酔を利用しない無痛治療

サンプル画像

レーザーを照射して虫歯を蒸発させ、詰めもので穴を防ぎます。
ごく浅い虫歯に利用され、蒸発した虫歯の周りの歯は硬くなり虫歯に強くなります。

※これらの治療法は、保険適応ではないので費用が別にかかることもあります。また治療の成果を保証するものではありません。

3. 電動注射器による無痛治療

サンプル画像

電動の麻酔注射器は、細い針を使用しているため、刺したときの痛みが非常に抑えられています。
また、機械の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと痛くないように麻酔が注入できます。
従来歯科医院への電動注射器の普及率は低いものでしたが、近年、国産の電動注射器「オーラスター」(昭和薬品化工株式会社)が発売され急速に普及しています。

また、「オーラスター」については麻酔薬の量が1.0ml(従来は1.8ml)のカートリッジなので患者様ごとの使いきりになっています。 その為、誤使用が防げることも注目しています。

4. その他

サンプル画像

今の歯医者さんは、麻酔時の痛みに対してかなり気を配っています。

それでもまだ針を刺される不安や治療に対しての不安があって心配な方は、注射麻酔と併用する形で不安な気持ちを取り除くために笑気吸入鎮静法(笑気ガスを吸入してリラックス状態になる)や静脈内鎮静法(静脈内に少量の精神安定剤を投与)を行う方法もあります。
もっと完全に不安を解消したいのであれば、全身麻酔を利用する方法もあります。